光熱費高すぎる。借金がやばいときに出来ること。私の経験あり。固定費の削減や返済状況の改善の道筋

※本ページはプロモーションが含まれています
光熱費が高すぎる。借金がやばい。どうすればいい? 疑問に答える
光熱費が高すぎる。借金がやばい。対象法を解説
木村徹夜(テツヤ)

ブログ運営者/記事執筆者
車屋の現役社員。車の買取、販売がメイン業務
一般の車屋として、ディーラー社員や車業界の(元)社員には語れない
一次情報からの記事を意識しています。

木村徹夜(テツヤ)をフォローする

このブログは車の売買についてのものですが、車を所有する。維持するにはお金の問題がつきまといます。

今回はお金がないけど、車を維持したい人が、どこを節約すればいいのか、もし借金が多くて首が回らない状況なら、どういった解決方法があるのかなどを、私の経験もふまえながら書いてみました。

なお、お金がない人の悩みは私もよくわかります。

以前、お金がないなと苦労した経験があります。

今日の生活はなんとかなるけど、明日、1週間後を考えると不安。

こんな時にはどうしたらいいのでしょうか?

私の実体験もまじえ書いてみたいと思います。

はじめに お金の悩み 解決にはどういった方法があるのか?

お金がない人は収入のことばかりを考えがちです。

しかし、見落としてはいけないのは支出です。

特に固定費を減らすことが大切です。固定費は毎月毎月必須ででていく支出です。

これを下げることができたら、自由に扱うことができるお金が増えます。

そのためにも、固定費を見直すことを絶対優先で取り組むことです。

そして、お金に関する光熱費や固定費の改善のみならず、負債が多すぎて、それだけでは解決できないこともあります。

そんな場合は、思い切って法律事務所に相談して債務整理、任意整理をしたほうがいい場合もあります。

今回は光熱費や保険の見直し、そして家計の改善のためにプラスになるサービスをご紹介します。

私もお金に苦労した経験もあり、私の知り合いにもおります。

そういった体験も元に実体験もまじえ書いております。

自働車保険を含む保険全般を見直す おすすめは「保険見直しラボ」

(画像引用:保険見直しラボ)

▼保険見直しラボの公式HPはこちら▼(※5つの保険アンケートから)

固定費を下げるためには、自働車保険を含む保険全般のを見直すことも重要です。

保険見直しで、おすすめは「保険見直しラボ」です。

訪問型保険代理店では最大の全国70拠点をもっています。

全国展開しており、自分が住んでいる場所の近くまでスタッフが訪問してくれ、自宅やカフェなどで無料で相談にのってくれます。

保険見直しラボの特徴は以下になります。

保険見直しラボの特徴

・お客様の希望の場所の近くにスタッフが来てくれる

・平均業界経験年数12.1年のベテランコンサルタントが対応してくれる

・約30の保険会社の中からオーダーメイドで一番あった保険を提案してくれる

・何度でも無料相談できる

・ご相談者の満足度が97.3%と多くの人が満足されている

保険でいうと無駄な保険に入っている事もよくある事です。

私も募集人資格を持っている保険に関しては、お客様対応をしますが、その度に思うのは、保険は難しい。保険のパンフレットがお客様目線の説明になってないなという事です。

仕方ない事かもしれませんが、用語も難しいですし、普段から保険に触れてない方が理解するのはとても難しいといわざるをえません。

そして、保険に入っていてよかった!と思う瞬間、またはお客様に喜ばれる瞬間は、実際に事故や怪我、病気などで保険を使うときです。

そんな時も、お客様は必ず信頼関係のあるスタッフに電話をしてきます。

慣れてないものだからこそ、いざという時に頼れる存在がいることがありがたいことです。

保険見直しラボは、一つの保険会社に偏らず、経験豊富なスタッフが相談にのってくれるのが安心できるポイントです。

近くに保険のお店がなくても、近くまできて相談に乗ってくれるのもありがたいポイントです。

電気代を見直すなら 

(画像引用:電気チョイス)

▼電気チョイスの公式HPはこちら▼

今、支払っている電気料金が本当に適正なの?

深く考えずに、一度契約したらその会社で電気料金を支払い続けていることがほとんどだと思います。

しかし、比較検討してみることで、自分の家にあったコスパが一番いい電気料金会社は、他にもあるかもしれません。

こちらのサイトを使って、試しに一度確認してみてはいかがでしょうか。

借金があり債務整理・任意整理なら ひばり法律事務所

(画像引用:ひばり法律事務所)

▼ひばり法律事務所の公式HPはこちら▼

借金が減らない原因の一つが金利です。リボ払いも含めて、返済しても返済しても元本が減っていない事があります。

実は借金が多い人ほど、この金利をよく確認せず、とりあえず毎月生活できているからいいやとなっている事が多いのです。

よくよく返済内容を確認すると、毎月15000円返済しているのに、元本の返済にあてたれているのは、半分ほどなんてこともあります。

私も近い知り合いが借金で悩んでおり、私が付き添いで任意整理をしたという経験があります。

任意整理をする事でのメリット、デメリットはありますが、返済が元本のみの返済になり、生活が急激に楽になったのを見ました。

ひばり法律事務所は、借金問題、債務整理、任意整理に強い事務所になります。

ひばり法律事務所の特徴

・借金の相談は何度でも無料

・相談料は0円

・着手金分割OK

・全国対応

ひばり法律事務所の費用は以下の通りです。

相談料0円
着手金22,000円/1社あたり
解決報酬金22,000円/1社あたり
減額報酬金減額分の11%(税込)
経費5,500円/1社あたり
ひばり法律事務所の任意整理の費用

知人の任意整理にかかわった私の体験

私も実のところ、近しい人が任意整理をし、最初から最後まで付き添ったことがあります。

弁護士事務所に依頼をしましたが、その近しい人の希望で私も同伴でお話を伺い、任意整理の手続きが完了するまで、一緒に相談にのりました。

債務整理にはいくつかの種類がありますが、私の近しい人は任意整理を選択しました。

複数のカード会社からの借り入れがあり、合算すると家計を圧迫する返済額でした。

毎月支払っても金利が重くのしかかり、元本がなかなか減りません。

元本がほとんど減っていない事に、本人が気づいておらず、私が教えてあげて愕然とし、債務整理と結論に至りました。

弁護士に相談して、7つのカード会社にそれぞれ交渉してもらい、元本だけの支払いにしてもらいました。

その代わり、信用情報にはのるので、約5年ほどはカード審査は通らなくなるとの事でした。

ただデビッドカードのような、カードを切ると同時に引き落としがかかるカードは、普通に使えているようで、それほど困っていないとのことです。

最初に弁護士に着手金を支払う必要がありますが、分割で数か月間支払い、その間に弁護士さんが各カード会社と交渉するという流れでした。

私もその近しい人を横で見ていて、元本のみの返済に変わり、数年後には借金が消えることを希望にしながら、現在前向きに生活している姿を見て、こういった方法も一つの道だなと感じたしだいです。

6つのカード、それぞれ残高が違うので、残高が少ないカードから完済していきます。最終的に6つのカードすべての完済には、5年かかる契約ですが、残高の少ないカードは2年弱で完済します。

少しずつ減っていって、5年後には完済という流れです。

お金の教養を身に着けたいなら Financial Academy

(画像引用:Financial academy)

▼Financial academyの公式HPはこちら▼

お金について誰かに相談する。これは重要なことですが、それと同時に自分もお金の知識、教養を身に着けたい場合には、Financial academyのような講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました